トップ

歯科の知識を深める

歯科について考えてみた

歯科治療の選択肢について

歯科の治療において義歯の治療としてインプラントの場合にはほとんどが自由診療になって手術も行う事から高額ですが、審美性が高くメンテナンスによっては半永久的に持続する治療でもあります。他の歯への影響もほとんどないです。一方でブリッジに関しては保険診療で賄える為、治療費においては安く抑える事が出来ます。しかし義歯の周辺の歯に負担をかける事や手入れの手間を考えると他の歯の寿命まで短くしてしまうリスクがあります。歯科の治療は同じ症例でも治療法がいくつも存在し、メリットデメリットがあるので理解して上手く選びたいものです。

インプラントとブリッジの違い

事故などによって歯が抜けたり、歯科治療において悪くなった歯を抜いたりして、歯の一部が無くなることがあります。そうなると、見た目が不自然なだけではなく、歯の無い部分に残った歯が引っ張られる形になり、歯並びやかみ合わせ、顔の形まで変わってきてしまう恐れがあります。そこでその抜けた部分を埋める歯科治療が、インプラントやブリッジです。インプラントは、人工的な歯を、ボルトを使って骨に固定します。抜けた歯の分だけ処置をすれば良いのでどこにでもできる反面、骨にボルトで固定するので骨への負担がかかります。ブリッジは、橋という名称の通り、無くなった歯の両隣の歯を支えとして、間の人工的な歯を固定します。骨への負担は少ない反面、端の歯にはできない処置であり、両隣の歯も削る必要があります。

↑PAGE TOP